情報発信

胎内市地域おこし協力隊の活動報告、隊員が暮らす地域の風景、魅力的な人々の様子などを発信しています。

⇒関連投稿

Web媒体

 

ポータルサイト

本サイトです

Facebook

イベント情報や活動報告を発信しています。

Instagram

日常の様子や活動の様子を投稿しています。

紙媒体

鹿ノ俣地域ムラだより かのん

キラリ星の活動地域である鹿ノ俣地域で「わかちあいたくなるムラだより」をコンセプトにした冊子を年4回発行しています。

かのん制作の経緯

人口減少が進行する鹿ノ俣地域。さらには、ここに住み続けたいという若者が少ないという状況にあります。人口の減少は単にここに暮らす人が少なくなるだけでなく、地域としての活気の減少にも繋がっていきます。
そこで私たちは、地域の方にもっと鹿ノ俣を好きになってもらい、誇りに思ってもらえるきっかけづくりをしたい!と考え、そのためのツールとしてこのムラだよりを創刊することとしました。
創刊にあたっては、地域おこし協力隊のキラリ星に加え、鹿ノ俣地域に短期移住した夏休み中の大学生3名も加え、ヨソモノの視点も交えた中で誌面制作を行いました(このあたりの経緯は課題解決型インターンの記事をどうぞ。)。

冊子名“かのん”って!?

【かのん(canon)】「静かな湖畔の森の影から」などで用いられる輪唱を意味する音楽用語。
この冊子「かのん」には、年代、性別関係なく鹿ノ俣地域に関わっている全ての人たちの想いが重なり旋律となり、未来へと繋がっていきますように、という願いが込められています。

バックナンバー

創刊号

2018年冬号