大学生インターンシップ

このインターンについて

人口減少が進む田舎には課題が山積み。でも、課題がたくさんあるからこそ、そうした課題にしなやかに向き合い、活き活きと暮らす人たちもたくさんいます。
胎内市の課題解決型インターンでは、夏休み中の大学生に、胎内市山間部の集落に1か月間移住していただき、ムラ人とともに、胎内市の「観光振興」「集落活性化」といった地域課題解決に取り組んでいただきます。

「課題」を学びの場へ

胎内市では山積する課題を「課題」のままにせず、地域内外の人材を巻き込み新たな価値創造の機会としていくことで、人口減少下においても持続可能なまちを目指しています。

地域おこし協力隊が課題解決のコーディネートを

課題の当事者であるムラ人、ヨソモノであるインターン生、地域に賦存する様々な資源。このインターンでは、私達地域おこし協力隊はこうしたリソースをつなぎ合わせる「コーディネーター」としてコミットしています。

 

これまでの実績

2017年

~里山の愛され空間をプロデュース~道の駅UPDATEプロジェクト

期間:2017年8月12日~9月8日
受入団体:胎内市観光協会

インターン生達のミッション
「道の駅胎内」の空間的魅力を向上させ、観光客・地域住民・従業員からより愛される場にせよ!

成果:成果報告会発表資料

 

~山村集落のいいとこさがし~未来へ繋ぐムラだより創刊プロジェクト

期間:2017年8月13日~9月8日
受入団体:鹿ノ俣地域(鼓岡・熱田坂・宮久集落)

インターン生達のミッション
鼓岡・熱田坂・宮久集落地域住民にもう一度地域のことを好きになってもらうムラだよりのコンセプト、コンテンツを考え、創刊号を発行せよ!

成果:成果報告会発表資料
成果品:ムラだより「かのん」創刊号

2016年

カメラ女子×大学生~あなたと発信するたいないの魅力~

期間:2016年8月中旬~9月中旬
受入れ団体:胎内市観光協会

課題1:観光協会Facebookページ「いいね!」数増加戦略

課題2:胎内市PR作品

参加学生の体験記

これまでのプロジェクトに参加したインターン生による体験記を掲載しています。

関連記事