クラウドファンディングに挑戦!

神田圭奈と鼓岡集落でクラウドファンディング!

実は冬の間、ずーーーーっと密かに準備していたことがあったのですが、それは何かと申しますと、クラウドファンディングを活用して、神田が活動する集落で密かに栽培されているマコモダケの加工品を商品化して世に送り出します!今回はその第1弾です!

クラウドファンディングって!?

みなさんクラウドファンディングって知ってますか? 私は地域おこし協力隊になるまでよくわかりませんでした~。 何かといいますと、


“不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。”(出展wikipedeia)


最近のトレンドを踏まえつつもうすこしわかりやすく言い変えると どーしても実現させたいプロジェクトがあるのにお金が無い!、、じゃあインターネット上で賛同者を集めて寄附を募ろう! というものです。

寄附募集は4月24日〜5月23日 23:59です!

この度、私神田が鼓岡集落の皆さんと実現させたいプロジェクトの詳細はこちら(画像をクリック)。


今回はCAMP FIRE さんのサービスを活用させていただきました。 「どんなプロジェクトか」はぜひこちらのCAMP FIREページをご覧ください!

SUZUさんにもご協力いただきました!

今回のプロジェクトで実現にチャレンジする加工品は、新潟市の万代ビルボードプレイスにあるレストランFARM TABLE SUZUなどを手がけるSUZU GROUP代表の鈴木将さんにレシピ開発などのお力添えをいただくことができました。 既に一緒に開発に取り組ませていただいており、試作品は完成していますが、とてもとても美味しい商品になったと思います。 単品で美味しいだけでなく、色んな料理に使っていただける非常に使い勝手の良い商品になりました。是非一度手にとっていただきたいです!!

開発中の加工品は「マコモダケと山菜のアヒージョ」と「マコモジンジャー」

開発中の加工品は2種類。どちらも瓶詰めです。そのまま食べても美味しいですが、色んな料理に使えるのも大きな特徴。
アヒージョ活用例その1:バケットに添えたり、、、
アヒージョ活用例その2:パスタに添えたり、色々使えます
マコモジンジャー活用例その1:ソーダで割ってマコモジンジャーエール
マコモジンジャー活用例その2:マヨネーズと合わせてディップソースに。

あなたの「美味しい」が里山の「美しい」に繋がる。

  人口減少が進み、農業の担い手が減っている鼓岡集落。そんな鼓岡集落では、マコモダケは人口減少による棚田の荒廃を食い止めるべく栽培されています。 しかし、「認知度の低い野菜なのでなかなか売れない」「収穫時期が限られていて保存できない」という課題があります。 鼓岡集落に移住して1年になる私。あっという間の1年でしたが、人口減少や耕作放棄地などの問題を抱えながらも、笑顔を絶やさず暮らしを営んでいるこのむらの人々から本当に多くのことを学ばせていただきました。そして、一週間ごとに変わる美しい景色に、美味しい山の恵み、もう私はこの地域が大好きになりました。何とかこの地域で頑張っている皆さんの力になっていきたい。 そのために私ができることは?を私なりに考え抜いた結論がこのプロジェクトです。 マコモダケを食べて美味しいと思っていただければ、生産量を増やし多くの皆様にマコモダケの魅力を届け、田んぼの広がる里山の美しさを守ることができます。 今回の試みが、食べた人も地域の人も笑顔になる。その第一歩になれば良いなと思っております。 ぜひCAMP FIREサイトご覧いただき、プロジェクトに賛同いただければ幸いです。

わかちあいたくなるむらだより「かのん」冬号発行

待望の第2号発行!

皆さんお待たせいたしました。鹿ノ俣地域発、鹿ノ俣地域の皆さんにお届けする「わかちあいたくなるムラだより『かのん』」の冬号を発行しました。鹿ノ俣地域の各ご家庭に、2月1日に配布いたしました。
かのんって!?という方はこちらをご覧ください。

特集は「冬ぽか大作戦」

第2号となる冬号の特集は厳しい冬を心も体もあったか~く過ごす秘訣満載の「冬のぽかぽか大作戦」、略して「冬ぽか大作戦」です。
鹿ノ俣に関わりのある地域内外の色々な人々によって作られている「かのん」。今回の特集記事を書いてくれたのは、昨年秋に鹿ノ俣に短期移住してくれた愛媛の大学生夏子です。夏子の奮闘はこちらをどうぞ。

夏のインターン生、冬に再会

嬉しいのは夏のインターン3人組たまちゃん、のぞみ、かおりが冬の鹿ノ俣にやってきてくれて、「お料理教室」とクイズコーナ「つなげてみるしる」の記事を作ってくれたこと。また記事書きに遊びにきてねー!

あとは見てのお楽しみ

大学生が作ってくれた記事以外にも楽しい記事が満載です。きっと読んだあと、誰かと楽しさをわかち合いたくなるはず。
PDF版はこちらからダウンロードできます。
「鹿ノ俣地域に住んでいないけどやっぱり紙で冊子をみてみたい!」という方向けに、市役所総合政策課の窓口、胎内市図書館、健康福祉施設にこ楽・胎内などにも置いてあります。このほか、「ぜひうちにも置きたいわ~」という施設・お店の方、ご連絡いただければお届けに参ります。
次号は春号になります。特集何にしようかなー。リクエストもお待ちしています!

 

冬の里山体験ツアー開催

山の民になれる2日間

胎内市地域おこし協力隊が活動している胎内市鼓岡・大長谷地区では、県内外の大学生が、田植・稲刈りのほか、様々な集落行事の度に遊びに来ては、むら人達と交流しており、地域おこし協力隊はそうした交流のパイプ役を担っています。
今回は、11人の大学生が、1月13日(土)、14日(日)の1泊2日で遊びに来てくれました。その2日間の様子を協力隊担当職員のわたくし熱風がレポートします。


1日目(1月13日)

かんじき雪中行軍


雪に覆われた胎内市の山あいを、かんじきを履いて歩いてみるというアドベンチャー企画です。ロイヤル胎内パークホテルを出発して、胎内市の熱田坂にある「縄文の清水」という湧き水周辺の田んぼ道を散策しました。縄文の清水の魅力を考える会の皆さんがこのワクワク企画を準備していると聞きつけ、思わず乗っかっちゃいました^^
写真でもお分かりいただけるとおり、山あいに広がる白銀の世界に加え、この日は青空も広がり、とても幻想的でした。普段からこの地域は美しいところだと思ってましたが、この日は神ってましたね。

ロイヤル胎内パークホテルでスノーシューもレンタルできましたが、予算の関係でむら人達が脈々と受け継いできた知恵を体験して貰いたく、あえてかんじきで挑戦してもらいました。

夏の課題解決型インターン、ムラだよりPJメンバーも再会しました。

板額御前&板額「御膳」を体験!

たっぷり歩いてお腹を空かせた後はお昼ごはんです!胎内市で鎌倉時代に弓の名手として活躍したお姫さま「板額御前」にちなんだロイヤル胎内パークホテルさんのランチメニュー板額「御膳」に舌鼓。そのあとは、ホテルのロビーで板額御前さまにコスプレできる体験コーナーを満喫!

お母さんのお料理教室


1泊2日で遊びに来た大学生たち。夜ご飯はみんなで鍋パ(鍋パーティー)です。おかずの足しになったらと、宮久集落のお母さん達と一緒に郷土料理「こにもん」を作りました。
そうそう、このお料理教室の様子は、鹿ノ俣地域のむらだより「かのん」冬号にて記事になります。こちらもお楽しみに!

かのん編集部復活!5か月ぶりに密着取材です。

2日目(1月14日)

鍬江集落さいの神に参加


1日目の夜は鍋パで盛り上がり、学生の中に酒豪がいたようで、差し入れの日本酒やビールはすっからかんに。それでも学生たちは元気なもんで2日目の朝にはほぼほぼ皆さんすっきりお目覚めいただき、毎年参加させていただいている鍬江集落のさいの神にお邪魔しました。大学生達が訪れる様になり、かれこれ4年目になります。
さいの神とは、新潟県の民俗行事で地域によっては「どんど焼き」と言ったりします。雪原の上に茅などで大きなサイノカミを作り、それを燃やして1年の五穀豊穣や人々の無病息災を祈ります。燃やしたサイノカミの炎で焼いたスルメやお餅を食べると1年間、健康に過ごせると言われています。

サイノカミ立てのお手伝い

まずは「サイノカミ」を立てるお手伝い。雪踏みして固まった足場の上にサイノカミを立てていきます。

田んぼに1メートル近く積もった雪を踏みしめて、足場を固めます。
お父さん達は巨大なサイノカミの柱となる竹を立てます。
秋のうちに刈り取って乾燥させておいた茅を立てた竹に巻きつけて完成!

Mission!竹竿を調達せよ!

就職、就職活動が控えている大学生たち。ここまで来たからには1年の健康を祈念しなければならぬ!ということで、前日のかんじき雪中行軍で培った技術を活かし、自らの竹竿を調達すべく、集落内の竹林を目指したのでした。

刈り取った竹にスルメとお餅を吊り下げてMission complete!

いよいよ火入れ!

集落の皆さんといっしょに五穀豊穣、無病息災をお祈りしました。
鍬江集落のさいの神ではお神酒と豚汁が振る舞われます!

お神酒を飲んで集落の皆さんもあったか楽しそう。

そうそう。鍬江集落の豚汁にはお餅が入っているのです!キラリ星と熱風は自分で焼いたお餅を入れました!自分で焼いたお餅は最高です!

表面カリッと、中はふわふわのお餅が豚汁と合わさり、最高なのです。
餅を焼くのを焦りすぎて焦がしたキラリ星☆彡
課題解決型インターン2016道の駅PJのOGのえのみきさんとみくさんも参加。真ん中は福士ちゃんか!?

ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

大学生達は、胎内市を観光するだけでなく、地域住民と濃密に交流し、ときには地域の担い手となってくれる、そんな関わりが続いているなぁと嬉しく思っています。
私もこの仕事を担当して丸4年になりますが、「田舎に関わりたい!」って思ってる若者ってすごく多いと感じています。これからも、わかもの・よそものが田舎に関われる機会を作っていきたいです。

投稿者:熱風

5市町村地域おこし協力隊交流会開催!

胎内市に地域おこし協力隊大集合

今回は協力隊の担当職員のわたくし浮須が記事を書かせていただきます。
1月9日に、にこ楽・胎内において、地域おこし協力隊を受け入れている近隣市町村有志で、協力隊員同士の情報交換や仲間づくりを行う交流会を開催しました!

交流会開催の経緯

協力隊員の仕事って、ほとんどの人が初体験。「これってどうやったらいいんだろう?」って悩みって結構多いのです。そんなとき、同じような悩みをもっていたり、あるいは悩みを解決してきた仲間がいると良いなぁ。というのがこの交流会を始めたきっかけです。

でも、市町村の枠を越え、隊員同士が仲良くなれる機会って、実は結構少ないんです。無いなら作ろう!ということで、2016年からちょくちょく開催してます。

これまでは、新発田市さん、村上市さんの隊員の皆さんと交流させていただいておりましたが、今回は、村上市、関川村、新発田市、阿賀町、胎内市の5市町村で集まりました!
参加者は行政関係者も合せて約30名。
今回は、
自己紹介、活動紹介(普段取り組んでいること、これから取り組みたいことなど)、フリートークなどをやりました。
協力隊の皆さんって、やっぱり皆さんチャレンジャー。熱いです。

こんな感じで日々取り組んでいることをA4用紙に記入して・・・
お互いに紹介し合うという感じで交流しました。

担当行政職員も仲間づくり!

協力隊を支援する立場の各市町村の担当職員も、隊員の皆さんの熱い想いをひとつでも多くかたちにするにはどうしたらいいんだろう、、、というところを情報交換しました。時間が足りない位でしたが、今日だけじゃなく、日々相談し合える仲間がまた増えました。

春にまたやります!

どこの市町村でも、春になるとまた新たな隊員がやってくるとのこと。
新しい仲間との出会いって楽しいですよね!!今日もすごく楽しかったです。ということで、また仲間が増える時期を見計らって開催を計画させていただきます!今から楽しみです。

投稿者:熱風

2018春採用胎内市地域おこし協力隊募集!

Featured Video Play Icon

農業+X(エックス)であなたらしく地域おこし

ムラビトとともに汗をながし、「地域住民自身にもっと地域のことを好きになってもらう」「豊かな里山資源から新しい価値を生み出す」といった活動に取り組んでいる胎内市地域おこし協力隊。
このたび、2018年4月~5月に着任してくれる新たな仲間を募集することになりました。

地域おこし協力隊って!?

地域おこし協力隊(ちいきおこしきょうりょくたい)とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした総務省の制度です。詳しくは総務省のページをご覧ください。

数字だけでは表せないむらびと達の力

今回受け入れを行う集落は胎内市大長谷(おおながたに)集落。胎内市の中で最も高齢化が進行し、「高齢化率」などの数字だけを見ると、深刻な状況にあるように思われます。
そんな大長谷集落ですが、むらぐるみで8ヘクタールもの観光わらび園を経営していたり、ヨソモノ・ワカモノとの交流事業などの地域おこしに長年取り組んできました。また、特徴的なのが「大抵の家にはあるな。」と言う薪ストーブの家庭の多さ。地域にある資源を生活に活かすという営みがしっかりと残っています。お父さん達と話していると、「数字だけで地域を推し量ってはいけない!」いつもそう思ってしまうくらいみんな前向きです。

求む!生産者兼プロデューサー

地域のお父さんたち、農産物の生産はお手の物で、賞を受賞するお米を生産していたりします。でも、お歳がみなさん70代。作ったものをどうやって売っていけば良いのか、身の回りにある豊かな資源にどれほどの価値があり、どう都市住民に打ち出していけば良いのか、という部分は苦手。
そうした状況を補ってもらいたいというねらいのもと、今回募集する隊員に担っていただきたい業務は大きく分けると2つ


  • まずは農業の担い手の一員となり、美しい棚田を次世代に繋いでいく!
  • そして様々な里山資源をプロデュースし新たな価値を生み出す!


    というもの。ムラびとの一人になり、農業を学びながら、お父ちゃん達が苦手とする部分を補っていただこうというものです。お父ちゃん達と「学び合い」ながら活動していただくイメージです。

里山×あなたで新しい価値を創出せよ!

もう少し具体的に活動をイメージしていただくため、着任後にまずは担っていただく業務をご説明します。

Mission1:お米づくり・おもしろ野菜づくり

大長谷集落は美しい棚田が広がる山村集落です。集落では、田んぼを若者に集約し、集落ぐるみで経営を行っていけないだろうか?と模索しています。まずは地域の一員となり、農業経営に参画しながら、美しい棚田を次世代に残す道を探っていただきます。
Mission2:観光わらび園の企画・運営

東京ドーム約2個分の広さ(8ヘクタール)の観光わらび園を経営している大長谷集落。このわらび園の収益を高める仕掛けを考え、実践していただきます。
Mission3:ヨソモノとの交流事業の企画・運営

大手ゼネコンの大林組若手社員及びそのご家族の皆さんと田植え、稲刈、さいの神(どんど焼き)などの集落行事の度に交流しています。集落住民とヨソモノ・ワカモノがもっと仲良くなる交流事業の企画・運営を担っていただきます。
Mission4:情報発信

胎内市地域おこし協力隊では、「ホームページ」「Facebook」「Instagram」を運営しています。「農村の美しい風景」、「ここに暮らす人々」などの魅力をヨソモノ目線で発信していただきます。

資源豊かな胎内の里山で、見つけてくださいあなたのX(エックス)

この4つに代表される、「こちらからお願いしたいミッション」が全体の約半分。残りの半分は、あなたの「やってみたい」に取り組んでいただくことが、協力隊の仕事になります。たとえば・・・

  • 写真・デザインなどを活用し地域プロモーションに取り組んでみたい
  • カフェ・パン屋さんなどのお店を経営してみたい
  • シェアハウス・農家民宿などを経営してみたい

あなたのこうした夢に地域の魅力・課題を組み合わせ、実現まで応援させていただきます。


スローライフから起業まで。”胎内”で育つ、あなたの夢。
新潟県胎内市は母胎のようにあなたの夢を育てます。


隊員に担っていただくミッションは隊員を目指している皆さんにとって、おそらく初めての体験になると思います。協力隊員が充実した活動を行えるよう、以下のサポートを行っています。

  • 地域住民との橋渡し
  • 活動のコンサルティング
  • 協力してくれる専門家・機関とのマッチング
  • 豊富な研修機会の提供
  • 隊員同士の連携・情報交換の場の提供

「普通の若者が胎内に夢を育みにやってくる」、私達は胎内市がそんなまちになることを目指しています。

隊員一人一人の活動計画を隊員みんなで協力し合いながら考える場を定期的に設けています。

 

活動に必要なスキルを学んでいただく機会も準備しています。写真はマーケティングの実地指導を受けた際のもの。

こうした、サポート体制に加え、新潟県胎内市では、夢をかなえるための環境面でも充実を図っています。

      • 週休3日・副業OK!
      • 月額給与20万円~23万円

胎内市地域おこし協力隊は、「週休3日・副業OK」という勤務条件としています。月額給与も他の自治体よりも多めに支給します(他自治体の多くが月額166,000円のところ、当市は月額200,000円~230,000円支給します)。これは、地方において「実現したいライフスタイルがある!」「カフェ、農家民宿等の起業をしてみたい!」と考えている方を支援するための私たちなりの工夫です。

新潟県「胎内」市は、母胎のようにあなたの夢を育てます。地域住民ともども、あなたとの出逢いを心待ちにしています。

1月21日(日)JOIN移住・交流フェアにも出展します!どうぞお越しください!

胎内市地域おこし協力隊は隊員同士が密に連携しながら取組を進めていて、隊員全員で取り組んでいるプロジェクトもたくさんあります。実はこれ、すごく珍しいことなんです。どんな取組も一人で悩まなくて良い。この環境も胎内市の大きなウリのひとつです。

応募条件、福利厚生及び応募方法について

募集期間:2017年12月16日~2018年2月9日まで
応募条件、福利厚生及び応募方法については胎内市ホームページ「地域おこし協力隊の募集について」をご覧ください。
受入地域のご案内、現在活動している隊員との意見交換などを行う現地見学についても随時受け付けております。詳細は担当(胎内市総合政策課浮須(うきす)Tel:0254-43-6111、Mail:gyoukaku@city.tainai.lg.jp)までご連絡ください。