クラウドファンディングに挑戦!

神田圭奈と鼓岡集落でクラウドファンディング!

実は冬の間、ずーーーーっと密かに準備していたことがあったのですが、それは何かと申しますと、クラウドファンディングを活用して、神田が活動する集落で密かに栽培されているマコモダケの加工品を商品化して世に送り出します!今回はその第1弾です!

クラウドファンディングって!?

みなさんクラウドファンディングって知ってますか? 私は地域おこし協力隊になるまでよくわかりませんでした~。 何かといいますと、


“不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。”(出展wikipedeia)


最近のトレンドを踏まえつつもうすこしわかりやすく言い変えると どーしても実現させたいプロジェクトがあるのにお金が無い!、、じゃあインターネット上で賛同者を集めて寄附を募ろう! というものです。

寄附募集は4月24日〜5月23日 23:59です!

この度、私神田が鼓岡集落の皆さんと実現させたいプロジェクトの詳細はこちら(画像をクリック)。


今回はCAMP FIRE さんのサービスを活用させていただきました。 「どんなプロジェクトか」はぜひこちらのCAMP FIREページをご覧ください!

SUZUさんにもご協力いただきました!

今回のプロジェクトで実現にチャレンジする加工品は、新潟市の万代ビルボードプレイスにあるレストランFARM TABLE SUZUなどを手がけるSUZU GROUP代表の鈴木将さんにレシピ開発などのお力添えをいただくことができました。 既に一緒に開発に取り組ませていただいており、試作品は完成していますが、とてもとても美味しい商品になったと思います。 単品で美味しいだけでなく、色んな料理に使っていただける非常に使い勝手の良い商品になりました。是非一度手にとっていただきたいです!!

開発中の加工品は「マコモダケと山菜のアヒージョ」と「マコモジンジャー」

開発中の加工品は2種類。どちらも瓶詰めです。そのまま食べても美味しいですが、色んな料理に使えるのも大きな特徴。
アヒージョ活用例その1:バケットに添えたり、、、
アヒージョ活用例その2:パスタに添えたり、色々使えます
マコモジンジャー活用例その1:ソーダで割ってマコモジンジャーエール
マコモジンジャー活用例その2:マヨネーズと合わせてディップソースに。

あなたの「美味しい」が里山の「美しい」に繋がる。

  人口減少が進み、農業の担い手が減っている鼓岡集落。そんな鼓岡集落では、マコモダケは人口減少による棚田の荒廃を食い止めるべく栽培されています。 しかし、「認知度の低い野菜なのでなかなか売れない」「収穫時期が限られていて保存できない」という課題があります。 鼓岡集落に移住して1年になる私。あっという間の1年でしたが、人口減少や耕作放棄地などの問題を抱えながらも、笑顔を絶やさず暮らしを営んでいるこのむらの人々から本当に多くのことを学ばせていただきました。そして、一週間ごとに変わる美しい景色に、美味しい山の恵み、もう私はこの地域が大好きになりました。何とかこの地域で頑張っている皆さんの力になっていきたい。 そのために私ができることは?を私なりに考え抜いた結論がこのプロジェクトです。 マコモダケを食べて美味しいと思っていただければ、生産量を増やし多くの皆様にマコモダケの魅力を届け、田んぼの広がる里山の美しさを守ることができます。 今回の試みが、食べた人も地域の人も笑顔になる。その第一歩になれば良いなと思っております。 ぜひCAMP FIREサイトご覧いただき、プロジェクトに賛同いただければ幸いです。