わかちあいたくなるむらだより「かのん」冬号発行

待望の第2号発行!

皆さんお待たせいたしました。鹿ノ俣地域発、鹿ノ俣地域の皆さんにお届けする「わかちあいたくなるムラだより『かのん』」の冬号を発行しました。鹿ノ俣地域の各ご家庭に、2月1日に配布いたしました。
かのんって!?という方はこちらをご覧ください。

特集は「冬ぽか大作戦」

第2号となる冬号の特集は厳しい冬を心も体もあったか~く過ごす秘訣満載の「冬のぽかぽか大作戦」、略して「冬ぽか大作戦」です。
鹿ノ俣に関わりのある地域内外の色々な人々によって作られている「かのん」。今回の特集記事を書いてくれたのは、昨年秋に鹿ノ俣に短期移住してくれた愛媛の大学生夏子です。夏子の奮闘はこちらをどうぞ。

夏のインターン生、冬に再会

嬉しいのは夏のインターン3人組たまちゃん、のぞみ、かおりが冬の鹿ノ俣にやってきてくれて、「お料理教室」とクイズコーナ「つなげてみるしる」の記事を作ってくれたこと。また記事書きに遊びにきてねー!

あとは見てのお楽しみ

大学生が作ってくれた記事以外にも楽しい記事が満載です。きっと読んだあと、誰かと楽しさをわかち合いたくなるはず。
PDF版はこちらからダウンロードできます。
「鹿ノ俣地域に住んでいないけどやっぱり紙で冊子をみてみたい!」という方向けに、市役所総合政策課の窓口、胎内市図書館、健康福祉施設にこ楽・胎内などにも置いてあります。このほか、「ぜひうちにも置きたいわ~」という施設・お店の方、ご連絡いただければお届けに参ります。
次号は春号になります。特集何にしようかなー。リクエストもお待ちしています!

 

インターン2017~鹿ノ俣地域~

胎内市地域おこし協力隊の”キラリ星”がコーディネーターとして携わったインターン「ムラだより創刊プロジェクト」、道の駅プロジェクトに続き終了しました!
あっという間だった1カ月、、
果たして地域の人が地域を好きになるムラだよりは完成したのか!?
後半戦いきますよ〜〜〜!

これまでの経過はこちら

インターン生達のミッション

鼓岡・熱田坂・宮久集落の皆さんにもう一度地域のことを好きになってもらうムラだよりのコンセプト、コンテンツを考え、創刊号を発行せよ!

3週目にやったこと

取材・誌面制作をどんどん進める!
三人がそれぞれ担当する記事の取材へ。
しっかりとアポをとって実際にお話を聞いたり写真を撮ったり。

4週目にやったこと

創刊号の印刷/成果報告
ブレていたところをみんなで確認して、誌面に落とし込む作業です。
みんなパソコンに向かい合って真剣。
妥協はしない!を合言葉に何回もレイアウトを考えたり文を書き直したりしました。

夜遅くまであーだこーだ言いながらやっと印刷!
おなかをぺこぺこに空かせながらの印刷・・・
そしてついに完成!タイトルは「かのん」!!
なぜ「かのん」なのか、それは↓↓↓で^^

成果報告会!

地域の人に向けて、1か月かけて作り上げてきたムラだより「かのん」の成果報告をしました。地域の現状を知り、地域のこれからのことを考えて、地域の人と一緒につくった「かのん」。報告会に集落のみなさんがたくさん集まってくれました。緊張したね!!

成果報告会ではまず、コーディネーターである私、キラリ星から
・学生たちのミッションについて
・1か月どのようなステップを踏んで「かのん」を制作したのか
などを報告しました。

次に学生たちの発表!


なぜムラだよりを?から、誌面の柱となるコンセプト、連載コンテンツの内容を発表しました。
当日発表された内容を少しご紹介します。

なぜムラだよりをつくるのか

人口減少が進む鹿ノ俣地域。
昨年とった住民アンケートでは特に若年世代で「この地域に住み続けたい!」という意見が少数でした。
そこで、地域の人が地域のことをもう一度好きになってもらい、
自分たちで何かアクションをおこしていこう!という気持ちに
なってもらえるように、という思いからこのプロジェクトが始まりました。

「分かち合いたくなるムラだより」

インターン生達が考えたコンセプトは

・ムラだよりをつくる過程を分かちあい、
・ムラだよりを読んだあとの感情、感動を分かち合い、
→地域のことを好きになった人達が、この地域を未来に繋ぐ活動に取り組んでいくきっかけになったらなぁ。

 

というものでした。

かのんの由来

「静かな湖畔の森の影から」などで用いられる輪唱を意味する音楽用語。この冊子「かのん」には年代、性別関係なく鹿ノ俣にかかわっている全ての人達の想いが重なり旋律となり、未来へと繋がっていきますように、という願いがこめられています。

コンテンツの説明

冊子の内容はこんな感じ♪

・はじめに
→かのん創刊についての想い/かのんの由来/目次

・特集鹿ノ俣の歴史~鹿ノ俣探検記~
→地域の人も意外と知らない歴史スポットの特集
こんなのがあるんだ!行ってみたい!と思わせるコンテンツ

・ひゃくしょうスナップ
→ムラで遭遇したオシャレさんの野良着を紹介!
知り合いが載っていたら話題になること間違いなし

・お久しぶりです
→以前、鹿ノ俣地域に住んでいた人の近況報告!
鹿ノ俣での思い出やウチの人が気づかなかった鹿ノ俣の魅力を再発見できます。

・お料理教室
→鹿ノ俣地域の人にお料理を教えてもらう企画!
今回はこんにゃくのお刺身。
地域の料理やアレンジレシピなどを紹介します!

・鹿ノ俣行事~鹿ノ俣夏祭り~
→鹿ノ俣であった行事のレポート!
今回は鹿ノ俣夏祭りについてです。

・クイズコーナー~つなげてみるしる~
→子ども向けコンテンツ!
イラストと文章を繋げるクイズコーナー。
どちらのコンテンツも学生たちのイラスト力がキラリと光りました!

・夢苦楽部通信
→区長さんが毎年発行していた鹿ノ俣夢倶楽部通信をリニューアル!
鹿ノ俣の農地を守る活動をしている夢苦楽部のことを発信します。

・神田けいなの活動報告
→「地域おこし協力隊の人が来たらしいけど、何やってるの?」
という疑問を解消するために作られたコンテンツ。キラリ星の活動を綴りました!

内容盛りだくさんの「かのん」!
地域の人も真剣に話を聞いてくださりました。
「ステキな冊子だね~」「本当にいいものをつくってくれた!ありがとう!」
などなど、皆さん大変喜んでくださいました。
大成功です!おつかれさま!

最後に

そんなこんなで長いようで短かった1か月。毎日欠かすことなく顔を合せていた1か月。正直終わってしまって私はとてもさびしいです。このプログラムをどこかで見つけて、新潟から長岡から福岡から来てくれた3人。自分たちの足で情報を集めて、自分たちの手でこの冊子を作り上げたこと、本当に褒めてあげたいです!
歳が近いということもあり、毎日沢山笑わせてもらいました!
ありがとう!!!ほんとうにおつかれさま!!

この創刊号で終わらない「かのん」。年に4回発行していく予定です。今後は私が編集長となって発行していきますが、「かのん」は地域の人と一緒に作る参加型ムラだよりを目指しております!
みなさまの力を借りながら作っていきますので、ご協力お願いします!!!

多くの人に読んでいただけるよう、「Webかのん」としてこのサイト上にも掲載していきますので皆様お楽しみに!

地域おこし協力隊のサイトが出来ました!

胎内市地域おこし協力隊に関するアレコレをまとめるサイトを、頑張って作りました!

それが・・・本サイトです(∩´∀`)∩

これまで行っていた情報発信はFacebookとInstagram。
その性質上、情報が時と共に流れていってしまいます。
過去の活動を振り返るが難しいのです。

そこで、図書館のように情報を蓄積するサイトをつくりました。

私たちの活動や日常、グルメ・観光・イベント情報なども、
皆さまにお伝えしていきたいなと思っています。

今後益々充実させていきますので、時々チェックしてくださいね♪