冬の里山体験ツアー開催

山の民になれる2日間

胎内市地域おこし協力隊が活動している胎内市鼓岡・大長谷地区では、県内外の大学生が、田植・稲刈りのほか、様々な集落行事の度に遊びに来ては、むら人達と交流しており、地域おこし協力隊はそうした交流のパイプ役を担っています。
今回は、11人の大学生が、1月13日(土)、14日(日)の1泊2日で遊びに来てくれました。その2日間の様子を協力隊担当職員のわたくし熱風がレポートします。


1日目(1月13日)

かんじき雪中行軍


雪に覆われた胎内市の山あいを、かんじきを履いて歩いてみるというアドベンチャー企画です。ロイヤル胎内パークホテルを出発して、胎内市の熱田坂にある「縄文の清水」という湧き水周辺の田んぼ道を散策しました。縄文の清水の魅力を考える会の皆さんがこのワクワク企画を準備していると聞きつけ、思わず乗っかっちゃいました^^
写真でもお分かりいただけるとおり、山あいに広がる白銀の世界に加え、この日は青空も広がり、とても幻想的でした。普段からこの地域は美しいところだと思ってましたが、この日は神ってましたね。

ロイヤル胎内パークホテルでスノーシューもレンタルできましたが、予算の関係でむら人達が脈々と受け継いできた知恵を体験して貰いたく、あえてかんじきで挑戦してもらいました。

夏の課題解決型インターン、ムラだよりPJメンバーも再会しました。

板額御前&板額「御膳」を体験!

たっぷり歩いてお腹を空かせた後はお昼ごはんです!胎内市で鎌倉時代に弓の名手として活躍したお姫さま「板額御前」にちなんだロイヤル胎内パークホテルさんのランチメニュー板額「御膳」に舌鼓。そのあとは、ホテルのロビーで板額御前さまにコスプレできる体験コーナーを満喫!

お母さんのお料理教室


1泊2日で遊びに来た大学生たち。夜ご飯はみんなで鍋パ(鍋パーティー)です。おかずの足しになったらと、宮久集落のお母さん達と一緒に郷土料理「こにもん」を作りました。
そうそう、このお料理教室の様子は、鹿ノ俣地域のむらだより「かのん」冬号にて記事になります。こちらもお楽しみに!

かのん編集部復活!5か月ぶりに密着取材です。

2日目(1月14日)

鍬江集落さいの神に参加


1日目の夜は鍋パで盛り上がり、学生の中に酒豪がいたようで、差し入れの日本酒やビールはすっからかんに。それでも学生たちは元気なもんで2日目の朝にはほぼほぼ皆さんすっきりお目覚めいただき、毎年参加させていただいている鍬江集落のさいの神にお邪魔しました。大学生達が訪れる様になり、かれこれ4年目になります。
さいの神とは、新潟県の民俗行事で地域によっては「どんど焼き」と言ったりします。雪原の上に茅などで大きなサイノカミを作り、それを燃やして1年の五穀豊穣や人々の無病息災を祈ります。燃やしたサイノカミの炎で焼いたスルメやお餅を食べると1年間、健康に過ごせると言われています。

サイノカミ立てのお手伝い

まずは「サイノカミ」を立てるお手伝い。雪踏みして固まった足場の上にサイノカミを立てていきます。

田んぼに1メートル近く積もった雪を踏みしめて、足場を固めます。
お父さん達は巨大なサイノカミの柱となる竹を立てます。
秋のうちに刈り取って乾燥させておいた茅を立てた竹に巻きつけて完成!

Mission!竹竿を調達せよ!

就職、就職活動が控えている大学生たち。ここまで来たからには1年の健康を祈念しなければならぬ!ということで、前日のかんじき雪中行軍で培った技術を活かし、自らの竹竿を調達すべく、集落内の竹林を目指したのでした。

刈り取った竹にスルメとお餅を吊り下げてMission complete!

いよいよ火入れ!

集落の皆さんといっしょに五穀豊穣、無病息災をお祈りしました。
鍬江集落のさいの神ではお神酒と豚汁が振る舞われます!

お神酒を飲んで集落の皆さんもあったか楽しそう。

そうそう。鍬江集落の豚汁にはお餅が入っているのです!キラリ星と熱風は自分で焼いたお餅を入れました!自分で焼いたお餅は最高です!

表面カリッと、中はふわふわのお餅が豚汁と合わさり、最高なのです。
餅を焼くのを焦りすぎて焦がしたキラリ星☆彡
課題解決型インターン2016道の駅PJのOGのえのみきさんとみくさんも参加。真ん中は福士ちゃんか!?

ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

大学生達は、胎内市を観光するだけでなく、地域住民と濃密に交流し、ときには地域の担い手となってくれる、そんな関わりが続いているなぁと嬉しく思っています。
私もこの仕事を担当して丸4年になりますが、「田舎に関わりたい!」って思ってる若者ってすごく多いと感じています。これからも、わかもの・よそものが田舎に関われる機会を作っていきたいです。

投稿者:熱風