美味しい美術館 in Billboard Place開催報告

Bandai Grand Marcheに出店してきました!

胎内市地域おこし協力隊のザリガニとキラリ星で、Billboard Placeさんが10月15、16日に開催したイベントBandai Grand Marcheに美味しい美術館として出店してきました!
美味しい美術館って?という方はこちらをご覧ください。

今回出店した「おい美」の内容はこちら
・里山の旬をお届けする直売所

・間伐材を活用したワークショップ

・里山写真展

などなど今回も盛りだくさん。

オシャレ女子にも人気のマコモダケ

マコモダケはビルボに来てるオシャレ女子達にも良く売れましたねー!
「何これ!?」とか「マコモダケ知ってるー!」とか反応は様々ですがそのインパクトで道行く人たちの足を止めてしまいます。
お買上げいただいたみなさま、大変ありがとうございました!

ワークショップは子ども達に大人気!

間伐した木の枝を輪切りにした断面に自由に絵を書いてもらって、キーホルダーやブローチにするというものだったのですが、子どもたちの想像力にビックリでした。

写真集2017完成!

そうそう、忘れてはならないのは写真です。
写真のパネルは昨年度制作したものでしたが、写真集は今年バージョンを制作いたしました。キラリ星が撮影したものや卒業生の月が撮影したものも含まれてます。ザリガニは更に写真の技術に磨きがかかったようです。
こちらは順次市内の公共施設などに置かせてもらいますので見かけたら見てやってください。
「うちにも置いても良いわよ」という大変ありがたいお言葉もお待ちしております。ご連絡いただければ持参いたします。

お越しいただいたみなさま、大変ありがとうございました。

というわけで今回もとても楽しく胎内市の魅力を大勢の皆さんに伝えられたかなあと思っています。次回も機会があったら是非参加させていただきたいと思っております。BPさん、オファーお待ちしてまーす!!

間伐材を使用した丸太ストラップを制作しご満悦のキラリ星

おまけ

2日間の出店中、夏休みに胎内市にインターンに来てくれていたマミタス(2017道の駅PJ)とたまちゃん(ムラだよりPJ)も遊びに来てくれました。
前回の出店のときもえのみきさんとみくちゃん(いずれも2016道の駅PJ)も来てくれましたね。みんな卒業してもちょくちょく顔を出してくれて、すごく嬉しいです。

たまちゃん作のブローチ
たまちゃんにはワークショップのお手伝いもしてもらいました。たまちゃんありがとう!

インターン2017~鹿ノ俣地域~

胎内市地域おこし協力隊の”キラリ星”がコーディネーターとして携わったインターン「ムラだより創刊プロジェクト」、道の駅プロジェクトに続き終了しました!
あっという間だった1カ月、、
果たして地域の人が地域を好きになるムラだよりは完成したのか!?
後半戦いきますよ〜〜〜!

これまでの経過はこちら

インターン生達のミッション

鼓岡・熱田坂・宮久集落の皆さんにもう一度地域のことを好きになってもらうムラだよりのコンセプト、コンテンツを考え、創刊号を発行せよ!

3週目にやったこと

取材・誌面制作をどんどん進める!
三人がそれぞれ担当する記事の取材へ。
しっかりとアポをとって実際にお話を聞いたり写真を撮ったり。

4週目にやったこと

創刊号の印刷/成果報告
ブレていたところをみんなで確認して、誌面に落とし込む作業です。
みんなパソコンに向かい合って真剣。
妥協はしない!を合言葉に何回もレイアウトを考えたり文を書き直したりしました。

夜遅くまであーだこーだ言いながらやっと印刷!
おなかをぺこぺこに空かせながらの印刷・・・
そしてついに完成!タイトルは「かのん」!!
なぜ「かのん」なのか、それは↓↓↓で^^

成果報告会!

地域の人に向けて、1か月かけて作り上げてきたムラだより「かのん」の成果報告をしました。地域の現状を知り、地域のこれからのことを考えて、地域の人と一緒につくった「かのん」。報告会に集落のみなさんがたくさん集まってくれました。緊張したね!!

成果報告会ではまず、コーディネーターである私、キラリ星から
・学生たちのミッションについて
・1か月どのようなステップを踏んで「かのん」を制作したのか
などを報告しました。

次に学生たちの発表!


なぜムラだよりを?から、誌面の柱となるコンセプト、連載コンテンツの内容を発表しました。
当日発表された内容を少しご紹介します。

なぜムラだよりをつくるのか

人口減少が進む鹿ノ俣地域。
昨年とった住民アンケートでは特に若年世代で「この地域に住み続けたい!」という意見が少数でした。
そこで、地域の人が地域のことをもう一度好きになってもらい、
自分たちで何かアクションをおこしていこう!という気持ちに
なってもらえるように、という思いからこのプロジェクトが始まりました。

「分かち合いたくなるムラだより」

インターン生達が考えたコンセプトは

・ムラだよりをつくる過程を分かちあい、
・ムラだよりを読んだあとの感情、感動を分かち合い、
→地域のことを好きになった人達が、この地域を未来に繋ぐ活動に取り組んでいくきっかけになったらなぁ。

 

というものでした。

かのんの由来

「静かな湖畔の森の影から」などで用いられる輪唱を意味する音楽用語。この冊子「かのん」には年代、性別関係なく鹿ノ俣にかかわっている全ての人達の想いが重なり旋律となり、未来へと繋がっていきますように、という願いがこめられています。

コンテンツの説明

冊子の内容はこんな感じ♪

・はじめに
→かのん創刊についての想い/かのんの由来/目次

・特集鹿ノ俣の歴史~鹿ノ俣探検記~
→地域の人も意外と知らない歴史スポットの特集
こんなのがあるんだ!行ってみたい!と思わせるコンテンツ

・ひゃくしょうスナップ
→ムラで遭遇したオシャレさんの野良着を紹介!
知り合いが載っていたら話題になること間違いなし

・お久しぶりです
→以前、鹿ノ俣地域に住んでいた人の近況報告!
鹿ノ俣での思い出やウチの人が気づかなかった鹿ノ俣の魅力を再発見できます。

・お料理教室
→鹿ノ俣地域の人にお料理を教えてもらう企画!
今回はこんにゃくのお刺身。
地域の料理やアレンジレシピなどを紹介します!

・鹿ノ俣行事~鹿ノ俣夏祭り~
→鹿ノ俣であった行事のレポート!
今回は鹿ノ俣夏祭りについてです。

・クイズコーナー~つなげてみるしる~
→子ども向けコンテンツ!
イラストと文章を繋げるクイズコーナー。
どちらのコンテンツも学生たちのイラスト力がキラリと光りました!

・夢苦楽部通信
→区長さんが毎年発行していた鹿ノ俣夢倶楽部通信をリニューアル!
鹿ノ俣の農地を守る活動をしている夢苦楽部のことを発信します。

・神田けいなの活動報告
→「地域おこし協力隊の人が来たらしいけど、何やってるの?」
という疑問を解消するために作られたコンテンツ。キラリ星の活動を綴りました!

内容盛りだくさんの「かのん」!
地域の人も真剣に話を聞いてくださりました。
「ステキな冊子だね~」「本当にいいものをつくってくれた!ありがとう!」
などなど、皆さん大変喜んでくださいました。
大成功です!おつかれさま!

最後に

そんなこんなで長いようで短かった1か月。毎日欠かすことなく顔を合せていた1か月。正直終わってしまって私はとてもさびしいです。このプログラムをどこかで見つけて、新潟から長岡から福岡から来てくれた3人。自分たちの足で情報を集めて、自分たちの手でこの冊子を作り上げたこと、本当に褒めてあげたいです!
歳が近いということもあり、毎日沢山笑わせてもらいました!
ありがとう!!!ほんとうにおつかれさま!!

この創刊号で終わらない「かのん」。年に4回発行していく予定です。今後は私が編集長となって発行していきますが、「かのん」は地域の人と一緒に作る参加型ムラだよりを目指しております!
みなさまの力を借りながら作っていきますので、ご協力お願いします!!!

多くの人に読んでいただけるよう、「Webかのん」としてこのサイト上にも掲載していきますので皆様お楽しみに!

インターン2017~鹿ノ俣地域・前編~

胎内市地域おこし協力隊がコーディネーターとして参画している課題解決型インターンシップ。観光協会編に引き続き、鹿ノ俣地域編をお伝えします。

鹿ノ俣地域ムラだよりチームのインターン生たち

左から、かおり(樋口かり・西南学院大3年)、たまちゃん(紺野珠実・新潟大3年)、のの(平野希・長岡造形大3年)

インターン生達のミッション

鼓岡・熱田坂・宮久集落の皆さんにもう一度地域のことを好きになってもらうムラだよりのコンセプト、コンテンツを考え、創刊号を発行せよ!

1週目にやったこと

・座学:人口減少問題とムラだより
・集落散策
・コンセプト策定
・コンテンツ策定
・座学:地域に愛されるムラだよりに求められること(講師:佐藤可奈子さん)

集落散策を経て早速ムラだよりの根幹となるコンセプト・コンテンツを考える「編集会議」をみっちりとやりました。コーディネーターの私達も全員頭がパンクしそ~。でも、魅力的な冊子をつくるには避けては通れないプロセスです。

この日はイナカレッジの井上有紀さんも交えての編集会議。いきなりの辛い作業。
頭を使い過ぎて全員グッタリ。

 

編集会議の翌日は先輩移住女子の佐藤可奈子さんからの講義と丁寧な個別指導。
ここで、もっともっと地域のことを知らないといけないことを痛感。
でも「ムラだより」のコンセプトのイメージがより具体的になったと思います。
「地域に早く繰り出したい!」みんながそんな気持ちになったんじゃないかな。

冊子づくりのイロハについて可奈子さんから丁寧に指導していただきました。思わず聞き入っちゃいました。
可奈子さん(写真中央)と一緒にパチリ!可奈子さん、どうもありがとうございました!

2週目にやったこと

・地域へ繰り出す
・コンテンツの具体的イメージを固める
・取材スタート!!
・鹿ノ俣夏祭り準備のお手伝い

編集会議、可奈子さんの講義を経て、「もっと集落のみさんの想いを聞かなければ!」と考えたインターン生達。とにかく機会をみては地域の皆さんのところへ出かけてゆきました。

子どもたちのラジオ体操に参加(させられ)したり

 

野菜を作っているお母さんに話を聞いたり
枝豆を自転車カゴ一杯におすそ分けいただいたり
バーベキューにおよばれしたりもしました。
地域での移動手段は最強ツール・自転車です。

話を聞くにつれ、ぼんやりとしていたムラだより、書きたい記事のイメージが具体的になった気がします。イメージが固まったコンテンツについては、いよいよ取材スタート!

そして2週目の締めくくりに「鹿ノ俣夏祭り」も手伝いもしました。
こちらについては後ほど詳細をお伝えしたいと思いますので、当日の写真のみを3枚ほど。

学生たちには「子どもクイズラリー」のクイズを作ってもらいました。どれもほんわかしてハートウォーミング。全部お見せしたい!(我慢)
夏祭りには実行委員会側も合せると150人位参加してくれました!
スイカ割りも盛り上がったな~。

 

というところで折り返したムラだよりチーム。
3週目以降はゴリゴリ記事を書いていく週になりそうです!果たして彼女たちは間に合うのか!
乞うご期待!

おまけ

ムラだよりチームと道の駅チームの学生達、毎週金曜にでお互いの滞在先で夕食交流会やってます。2週目の週末はムラだよりチームのおうち。

この日は見学に来た学生さん達も交えての手作り餃子パーリィ(*^_^*)

みんなで皮に種を包みながら楽しく過ごしましたとさ

鼓岡母ちゃん会直売所開催報告

100円で、たっぷりの野菜とキラキラしたお母ちゃんの笑顔

昨年から開催している鼓岡地域の美人母ちゃん達による農産物直売所。今年は7月28、29土・日にロイヤル胎内パークホテルで開催されました。担当はキラリ星、月も看板娘を手伝いました。実は私達昨年からお手伝いしていて、そのへんの経緯も含めて、担当職員こと熱風が記事を書かせていただきます。

この直売所の目的は「母ちゃん達自身が楽しむこと」

日ごろから丹精こめて作っているかわいい、かわいい野菜たち。自分の家だけでなく、大勢の人に味わって喜んでもらいたい。胎内市を訪れてくれた人達にそんな想いを込めて野菜たちを直接届けられたらきっと楽しいんじゃないだろうか。

そんなところから始まった取り組みです。

なので、野菜がとにかく安い!!!枝豆も、なすもがぼちゃも、にんにくも、一杯はいってどれでも100円です。

8月いっぱいの開催決定!

母ちゃんたち、お客さんからお金をもらいたいんじゃないんですね。笑顔をもらいたいんです。この直売所に来たお客さん達皆笑顔で帰っていきます。そんなお母ちゃん達自身もキラキラしたいぃ~笑顔でした。味をしめた母ちゃんたち、夏野菜がとれる8月一杯の週末は不定期ですがロイヤル胎内パークホテルさんで営業することに決定!そして収穫の秋も開催決定です!

100円でたっぷりの新鮮野菜と母ちゃん達の笑顔が見られる直売所、是非足をお運びください(不定期なので母ちゃんたちにどうしても会いたい方は事前に市役所までお問い合わせください。)。

☆母ちゃん会直売所お問い合わせ☆
胎内市役所総合政策課
電話0254-43-6111

母ちゃん会と直売所の準備!

明日は母ちゃん会の野菜直売!
鼓岡の母ちゃんたちが丹精こめて作った野菜をロイヤル胎内パークホテルで売ります。

キラリ星、前日準備のお手伝いに行ってきました◎
枝豆をもいだり人参を洗ったり~

母ちゃんたちの女子会に混ざりながら楽しく作業しました(*^^*)

モロヘイヤに丸ナス、ニンニク、ピーマン、沢山の野菜がすべて100円!
明日の朝はロイヤルにレッツゴーです!!

場所:ロイヤル胎内パークホテル前テント
時間:9:00~10:00
(キラリ星が頑張って作った看板も要チェックです☆彡)

(投稿者:キラリ星)